クレジットカードのノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

申込みブラックでも大丈夫?クレジットカードを同時に複数申し込む方法

 

目次

 

  • 申し込みブラックでもクレジットカードを作成
  •  1-1:ブラックリストに載っている状態
  •  1-2: クレジットカードを作成する二つの方法と注意点
  •  

  • クレジットカードの複数、申し込みは要注意
  •  2-1:複数、申し込みはデメリット
  •  2-2:複数申し込みは危険が伴う
  •  2-3:キャッシング枠は二倍のリスクを伴う
  •  

  • 同時に申し込みするとどうなるのか
  •  3-1:クレジットカードは生活に欠かせません
  •  3-2:複数同時申し込みは出来るか、出来ないか
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    申し込みブラックでもクレジットカードを作成


    ブラックリストに載っていると考えられる状態でも、更にクレジットカードを作成したい時もあるかと思います。単純に考えると無理なように思いますが、実は条件により申し込みブラックでもクレジットカードを作成する方法が存在するのです。今回、クレジットカード作成時において、ブラックリストに載っている方が新規カードを申し込む際の注意点についての紹介をします。

     

    クレジットカード

     

     

    ブラックリストに載っている状態


    まず始めにブラックリストに載っている状態とは、どのような状態かを理解する必要があります。これはクレジットカードの利用や金融業者からお金を借りた場合、個人信用情報機関というところに借入金額、返却金額といった履歴が残るシステムとなっています。

     

    因みに個人信用情報機関とはクレジットカード会社が加盟している組織の事をいいます。この個人信用情報機関は大きく分けて、

     

  • クレジットカード会社や信販会社系の株式会社シー・アイ・シー
  • 【消費者金融】や信販系の日本信用情報機構
  • 銀行系の全国銀行個人信用情報センター
  •  

    と三つに分けられます。そしてこの返却というカテゴリにおいて、返済が滞ってしまうとこの個人信用情報にお金の返済にルーズな人で信用が出来ない人という意味としてマーキングがされてしまいます。これがいわゆるブラックリストに載ってしまうという状態になるのです。(厳密に言うと『ブラックリスト』という名前のリストは存在しませんが、ほぼ同じようなものがあります)

     

    このマーキングが載ってしまうリスクとして、現在持っている系列会社はもちろん、他会社のクレジットカードであっても基本的に審査が通らなくなる仕組みとなっています。なぜならクレジットカード会社や金融業者は、審査の際に必ず個人信用情報機関を参照、登録する事が法律で決められているからなのです。

     

    クレジットカード

     

    上記からブラックリストについて理解が深まったところで、実際にクレジットカードを作成するにはどうすればよいかというと、単純にこのブラックリストに載っている状態から脱却すれば良いのです。

     

     

    クレジットカードを作成する二つの方法と注意点


    申し込みブラック時にクレジットカードを作成する方法として二つが考えられます。

     

    一つ目は借りたお金を自力で全額返却する方法

    二つ目は債務整理を行う方法です。

     

    当然ではありますが、返却できるという信用さえ回復してしまえば、次回クレジットカードを作るのは容易となることは言うまでもありません。但し、返却からさらに5年間経過しないと個人信用情報機関である株式会社シー・アイ・シーと日本信用情報機構からは、このマーキングが消えることがありませんので注意が必要です。

     

    クレジットカード

     

    また全国銀行個人信用情報センターについては5年経過してもマーキングが消えることはないようですが、大概は5年経過すればチャラ同様に扱ってくれるところが多いようです。

     

    そして更に債務整理を行った場合のみ注意点があります。債務整理を行う場合、司法書士か弁護士を通じて債務整理を行うと思います。債務整理とは債務額確定のための調査や過払い金の返還交渉などを行い和解交渉を行うため、クレジットカード会社や金融業者からしてみるとマイナスイメージを植え付けます。

     

    クレジットカード

     

    またこの債務整理を行うと、信用情報に記録が残りますので債務整理を実施したクレジットカード会社や金融業者で新しくクレジットカードを作る事は非常に難しいと考えた方が良いです。なぜならクレジットカード会社側としては、自社に不利益を与えた人に、再度カード発行はしたくないからです そのため、債務整理を行った場合は債務整理を実施した業者とは別の業者でクレジットカードの作成をすることをオススメします。

     

    現在、支払いもせずに新規クレジットカードを組む事は不可能といっても過言ではありません。あくまでブラックリストに載っている状態でも全返済が必要最低限の条件だという事を理解して下さい。また条件さえ満たしていれば5年という制約もなく現在の支払い能力に応じてクレジットカードを作成できる金融業者も多くあるようですので、クレジットカード作成を果敢にチャレンジしてみても良いかもしれません。

     

     

    クレジットカードの複数申し込みは要注意


    クレジットカードの中には審査が甘いカードがあるとよく聞きます。特に流通系のクレジットカードはその傾向が強いです。しかし、審査が甘いといっても条件により審査が全く通らない可能性もありますので注意が必要となります。

     

    その理由のひとつとしてクレジットカードの申し込みを複数、行っていることで審査に通らなかったという例があります。そのため今回、クレジットカード会社への多重申し込みで審査に通らない理由についての説明をしたいと思います。

     

    クレジットカード

     

     

    クレジットカードの複数、申し込みはデメリット


    まずはじめに申しますが、クレジットカードを作成すると信用情報機関に登録を行い記録として残りますので、多重申し込みをした事実などは直ぐに解ります。また、審査された際に審査落ちとなると、更にこの情報も記録に残るため、多重登録をするメリットはあまりなく、どちらかというとデメリットの方が多いという事を理解して下さい。

     

    クレジットカード

     

    クレジットカード会社は審査の際にまず考えることは特典目当てではないかと疑いを掛ける可能性があります。クレジットカードにはカード会社ごとに、カードの付帯サービスが異なるので魅力のある付帯サービスがあれば出来るだけ多くのクレジットカードが欲しいと思う気持ちもわかります。

     

    例えば、割引される対象商品が異なる事もありますし、ポイントの【還元率】や入会ポイントサービスの有無も異なります。だからといって、複数のカード会社への多重申し込みをすることはデメリットとなりますので注意が必要です。

     

    まず、多重申し込みをしている事自体がマイナスイメージとなります。これは実際に問題となっているのですが、よく入会キャンペーン時の特典として○○ポイントプレゼントという題目でクレジット会員を増やす事をしています。確かにこれはカードを申込むだけで労せずにポイントを手にすることが出来てしまいます。

     

    しかし本来、これはクレジットカード会社としたらこれから自社のカードを利用してもらうことを目的に、先行投資として特典を付帯しているのに、この入会特典のみ持っていかれて他会社のカードを利用されてはたまりません。ですので、各カード会社はキャンペーン時の入会申し込みは常に警戒している状態となりますので、出来るだけ特定の会社に絞って申し込みをすることが重要だと考えます。

     

     

    クレジットカードの複数申し込みは危険が伴う


    次に多重債務に陥る危険性がありますので、審査を通さない可能性があります。まず、クレジットカード会社は複数のクレジットカード会社に申し込みしているかどうかは、信用情報機関を参照すればわかる仕組みとなっています。そのため、多重申し込みが確認出来た時点で、疑いの目で見られます。クレジットカードで借入する目安は収入の25%となっています。

     

    そのため、多重にクレジットカードの申し込みをしている方がもしも各社から借り入れをした場合、返済をするのも大変な状況になるのは言うまでもありません。多重債務に陥る可能性が十分ありうると判断される人には、犯罪防止の観点からもこのような状況でカードの審査を通すことはありません。

     

    クレジットカード

     

     

    キャッシング枠は二倍のリスクを伴う


    最後に総量規制で審査落ちしている場合も考えられます。総量規制とは、年収の1/3以上の貸し出しをしてはいけないという法律です。

     

    まずクレジットカードを申し込むと株式会社シー・アイ・シーと日本信用情報機構へ照会され、審査が行われます。そこで、キャッシング枠を申し込むと更にもう一種類の審査を受けないといけません。 具体的にはショッピングについては割賦販売法に基づく審査、キャッシングについては貸金業法に基づく審査です。そのため、審査に落ちる理由として多重申し込みではなく、キャッシング枠の申し込みが原因の可能性もあります。

     

    クレジットカードの多重申し込みにはメリットがないことは理解できたでしょうか。一度に複数の特典が得られるので、魅力満載ではありますが、クレジットカードは出来るだけ限定しての申し込む事が良いと考えます。

     

     

    クレジットカードを同時に申し込みするとどうなるのか


    クレジットカードの申し込みを行う理由は様々あると思います。例えば審査が気になるといった理由やクレジットカードの使用場所を限定するという理由が考えられます。そのため異なるクレジットカード会社に同時に申し込む事は十分、考えられる事です。この行為自体は、特にいけない事とは思わないので問題はないと思います。

     

    では実際にクレジットカードを同時に申し込むとどのようになるのでしょうか。今回、クレジットカードを同時に申し込んだ場合、どのようになるのか説明をしたいと思います。

     

    クレジットカード

     

     

    クレジットカードは生活に欠かせません


    まずはじめにクレジットカードを複数枚持つことは、生活する上で大変、良いことだと思います。クレジットカードは利用シーンや場所によって様々な使い道があります。例えば使用場所によっては全てのカード会社と提携しているとは限らないため、1枚のカードでは決済が出来ない可能性も考えられます。そのため、クレジットカードを使い分ける意味では複数枚待つことは、とても良いことです。クレジットカード会社も数枚程度であれば特に気にすることなく、審査を通過させると思います。

     

    数枚待っているからといって、審査を落としていたら売り上げにも影響がありますし、競合他社にも勝てなくなります。但し 先にも述べましたが、クレジットカードを作成すると信用情報機関に登録がされてしまう事だけは頭に入れて置いて下さい。極端な話、複数同時と言っても100枚同時にクレジットカードの申し込みがあったとしたら、クレジットカード会社はどのように考えるでしょうか。

     

    当然、お客様第一ではありますが、犯罪に絡んでいるかもしれませんし、いたずらや嫌がらせの可能性もあると疑いを掛けられると思います。そのため、なるべくなら複数同時申し込みは避けるべきだと考えます。

     

    クレジットカード

     

     

    複数同時申し込みは出来るか、出来ないか


    実際のところ、複数同時に申し込みは出来るものかというと、答えは出来ます。実は、同時にクレジットカードの申し込みをしてもカード会社には申込時点では他の会社へのクレジットカード申し込み状況はわからない仕組みとなっています。

     

    クレジットカード

     

    これは、クレジットカード申込時点において信用情報機関の参照および記録はするのですが、登録してから反映されるまでには1日かかるそうなのでタイムラグがあります。そのため、同時に申し込んだ場合、審査時点では他のクレジットカード会社に申請を行ったかはわからないという事です。

     

    但し、今後は心象が悪くなることは避けられません。次回のクレジットカード作成時においては不利になることは間違いがないと思います。それは信用情報機関に記録がバッチリ残っているからです。要は申込者の信用が全てなのです。

     

    因みに例外はありますが複数枚同時に申し込んだとしても、収入や信用がある方であればクレジットカード審査も落とされることがないはずです。逆に、延滞などの経験をしたことがある人については1枚のカードすら審査を通過させるのは容易ではないことは理解の上だと思います。

     

    以上のことから、今後のためにもより確実にクレジットカードを作成したいと考える場合は複数枚の同時申し込みは避けたほうが良いと思います。クレジットカード会社は信用情報機関から短期間での複数申し込みがあったという事実を突き止めることが出来るしょうから、ここからあらぬ推測をたてる事も考えらます。

     

    極端な話、トラブルの危険も考えられますしモラルが欠如した方との契約となる危険もありますので何も考えずに審査を落とすことも考えられます。そのため複数枚、同時に申請したい場面もあるでしょうが、結局は申請者のモラルや信用第一が全てであるので、ここだけ理解をして行動してほしく思います。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

  • クレジットカードの審査に落ちる理由と、通りやすい審査対策とは?
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    融資

    融資

    融資のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP