クレジットカードのノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

クレジットカードの審査に落ちる理由と、通りやすい審査対策とは?

 

目次

 

  • クレジットカードの審査に落ちる理由は5つある
  •  1-1:その1
  •  1-2:その2
  •  1-3:その3
  •  1-4:その4
  •  1-5:その5
  •  

  • クレジットカードの審査対策について
  •  2-1:五つの審査対策
  •  2-2:良いクレジットカード履歴を残して印象を良くする
  •  

  • クレジットカード審査が通りやすい会社と通りにくい会社の紹介
  •  3-1:クレジットカードの系統について
  •  3-2:お勧めできるカードについて
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    クレジットカードの審査に落ちる理由は5つある


    クレジットカードを新しく作りたいとき、不安はあるかもしれませんが当然、審査に通ると思って申込みを行うと思います。しかし訳も解らずに審査が通らなかったという経験を持つ人は少なくないかと思います。実は意外とクレジットカード審査に落ちる人は多いという結果があります。今回、審査が通らない理由について考えてみたいと思います。

     

    クレジットカード

     

     

    審査に落ちる五つの原因その1


    正直、審査に通らなかった理由を教えてくれるクレジットカード会社はありません。そのため、推測となるのですが以下の五つの理由からカード審査を通過できなかったと考えますので、該当している場合は是正をお願いします。

     

    クレジットカード

    一つ目に申込書に不備があるためです。

     

    審査が通らない理由で最も多い要因だと考えます。申込書の記入内容を間違えていると、そのまま信用情報機関に登録がされてしまいます。極端な話、電話番号が間違っており、もしも電話確認が必要となった際にカード会社から電話を掛けた場合、本人と異なる人が電話に出たらどのように感じますか?

     

    当然、虚偽の内容だと判断されます。 ここで虚偽の内容と判断されてしまうと、個人信用機関にこれが記録されてしまいますので、以降のクレジットカードの作成に差し支えが出ることになります。

     

    クレジットカード

     

    また、申込書に空欄が多すぎることも審査に落ちる理由の一つです。年収や勤務先など個人情報に値する記入は抵抗があるかと思いますが、出来るだけ明確に記載する事が必要です。当然ではありますが勤務先を偽ったり、年収に水増しをしてもすぐに嘘が解ってしまいますので、正直に書くことが大切です。クレジットカードのクレジットは信頼を意味する言葉の通り、信頼できる人にしか渡すことができません。

     

     

    審査に落ちる五つの原因その2


    クレジットカード

    二つ目に申し込み要件を満たしていないためです。

     

    クレジットカードによっては、申し込み条件や対象者を制限しているものがあります。例えば、年齢、年収、安定した収入があるかなどです。条件を満たしていない場合は、当然ではありますが審査に落ちてしまうのはしょうがない事です。

     

     

    審査に落ちる五つの原因その3


    クレジットカード

    三つ目に審査基準を満たせていないためです。

     

    申し込み条件は満たしているけど、審査基準を満たせていない場合は、カード審査に落ちる理由となります。具体的には収入、住居、個人情報です。収入については年収は大い方が吉で、会社員で勤続年数は長い方が良いに決まっています。フリーターや派遣の方は不利になると考えます。なによりも安定した収入があり返済能力があるのかが重要視されます。

     

    クレジットカード

     

    住居については賃貸よりも持ち家の方が良いです。また結婚していたり、学生の方なら万が一のことがあっても扶養家族や親が立て替えてくれるので、支払能力があるとみなされます。個人情報については家族が借金を背負っている場合に連帯保証人になっている場合などは厳しいです。

     

     

    審査に落ちる五つの原因その4


    クレジットカード

    四つ目に信用情報に傷が付いているためです。

     

    過去に返済を滞らせた経験や申請時の虚偽が発覚した場合など個人信用機関に傷が付いている状態、いわゆるブラックリスト(厳密に言うと『ブラックリスト』という名前のリストは存在しませんが、ほぼ同じようなものがあります)に載っている状態です。よくある例では、携帯電話の支払い遅延やクレジットカードの支払い遅延によるトラブルは多くあります。慢性的に支払いが遅れるような場合は、信用情報に傷が付いている可能性がありますので注意が必要です。

     

    クレジットカード

     

     

    審査に落ちる五つの原因その5


    クレジットカード

    五つ目に借入が多いためです。

     

    支払いや返済をしっかりしていても、借入が多すぎる人はクレジットカードの審査に落ちやすい理由となります。住宅ローンやキャッシング、自動車ローンなど借入があまりに多い場合は要注意となります。借入状況については、個人信用機関を通じて共有されています。

     

    クレジットカード

     

    どうですか、該当する物はあったでしょうか。もしも該当する物があるようでしたら、それぞれ対策を実施し少しでも審査に対するリスクを減らすことを心がけたいものです。対策については、下記クレジットカードの審査対策についてを参照下さい。

     

     

    クレジットカードの審査対策について


    クレジットカードの審査に落ちる理由として五つ挙げましたが、それぞれの対策について紹介をします。

     

     

    五つの審査対策


    クレジットカード

    一つ目の申込書の不備についての対策ですが、ケアミスが殆どだと思われますので、申込み内容に間違いがないか提出前にしっかり確認する事です。また、個人情報となる年収や勤務先などにおいても正直に記入項目を埋め、年収の水増しなどをせずに正直に記載する事です。最近ではネットからの申込みが主流となっていますので、こちらから申し込みを行うとミスも少なく記載が出来ますのでお勧めの方法となります。

     

    クレジットカード

    二つ目の申し込み要件についての対策ですが、事前に申込み条件を満たしているかどうかを良く確認してから申し込むを行います。不安があればクレジットカード会社の電話オペレーターに匿名でヒヤリングするという方法もありだと思います。

     

    クレジットカード

    三つ目の審査基準についてですが、一般カードならどなたでも、定収入さえあれば作る事は可能です。しかし無職だとクレジットカードの審査に通過することは極めて難しいと思います。もしも仕事をやめる予定がある場合は、辞める前にクレジットカードを申し込むようにすると良いです。その代わり、仕事をやめた後は収入が極端に減ると思われますのでクレジットカード履歴には十分な注意が必要となります。

     

    クレジットカード

    四つ目の信用情報に傷が付いている場合ですが支払い遅延は絶対にすることなく、借入などもきっちりと行う事です。信用情報に一度傷がつくと、次に信用がされるまでに数年掛かります。具体的には現在の支払いが完了してから5年はブラックリスト状態は回復しません。良いクレジットカードヒストリーを作るためには、支払い遅延だけでなく、申請書内容に虚偽があってはいけない事を肝に銘じて下さい。

     

    クレジットカード

    五つ目の借入が多い状態についてですが、一度借金を整理し、借入金額を少なくしてからクレジットカードに申し込みを行うと良いです。

     

     

    良いクレジットカード履歴を残して印象を良くする


    この他に審査対策として一度に複数のカードを申し込まない方が良いと考えます。この理由は、複数の会社に一度に申し込んでしまうと、カード会社は入会ポイント目的の申込者またはお金に困っている申込者と考えます。そのため、最初のカードをきちんと利用する事が重要です。この方法は実は結構、有効な手段で良いクレジットカード履歴に絡んできます。

     

    クレジットカードを取得する際は必ず信用情報機関に登録されると共に利用実績も登録されていきます。これがクレジットカード履歴と言われるものですが、この信用情報機関という物は日本国内でクレジットを行う際、全ての金融機関が参照する重要なものなのです。ですので、1枚目のクレジットカードで良いクレジットカード履歴を作っておくことが重要となってきます。この経験がある事で、2枚目のクレジットカードを作成時においても審査に有利に働きかけ、容易に作成する事が出来ます。

     

    その逆にクレジットカード履歴が悪いと、複数のクレジットカードを所持するのは難しくなると考えて下さい。また、もしも、複数のカードを持ちたい場合はキャッシング枠は申込まない事が審査対策になります。この理由としてクレジットカードのキャッシングはとても便利な機能ですが、クレジット面と法律が多少異なるので、審査基準も異なり厳しく行われる結果になります。そのためキャッシング利用をしないことはクレジットカードを利用する際に、返済を楽に行うことが出来る為でもあるのです。

     

    クレジットカードは利用者の信用により使用する事が出来るとても便利なツールです。現代社会において必須のアイテムと言っても過言ではありません。クレジットカードの審査対策について上記の対策を行い、少しでも審査時のリスクが無くなればと思います。

     

     

    クレジットカード審査が通りやすい会社と通りにくい会社の紹介


    皆様はクレジットカードの審査に通りやすい会社と通りにくい会社がある事をご存知でしょうか。クレジットカードの審査は各会社によって優先する属性が異なるため、申し込む会社によって受かりやすさが変わるというのも事実です。しかし残念ながら信用情報機関にブラックリストされている人は審査には通らないのが現実です。今回、クレジットカードの審査に通りやすい会社と通りにくい会社についての紹介をします。

     

    クレジットカード

     

     

    クレジットカードの系統について


    はじめにクレジットカードの審査に通りやすい会社と通りにくい会社は系統によって分かれます。系統とはあるカテゴリーからクレジットカードの会社を当てはめたことを系統と呼びます。例えば、

     

  • ANAカードJALカードといった航空系
  • イオンカード楽天カードといった流通系
  • 三井住友カードといった銀行系
  • ENEOSカード出光カードといったガソリン系
  •  

    などが代表的です。この中で比較的、審査に通りやすいカード会社は流通系で、逆に審査に通りにくい会社は銀行系です。ブラックリストに載らないまでもクレジットカードの履歴に少し自信がないという方は流通系のカードがオススメとなります。

     

    他にゴールドカード、ブラックカード、プラチナカードなどの上位カード全般は審査に通りにくい会社ですのでご参考にお願いします。 流通系、銀行系以外の系統は普通と考えて良いと思います。

     

    ではなぜ審査に通りやすいカードと通りにくいカードが存在するかというとクレジットカード会社の方針によるものと考えます。審査に通りやすいとされる流通系カードは自社で買い物をするように特典を付け、これが顧客の囲い込みに繋がるのである程度の審査基準を下げているのです。

     

    但し審査が通りやすい流通系クレジットカードではありますが、必ず1枚にカードを絞って申込みをする事を心がけた方が良いです。この理由として複数のカードに入会していると、単なる特典狙いのために入会すると思われてしまう可能性があるからです。

     

    クレジットカード

     

    また審査に通りにくいとされる銀行系カードはブランドイメージを大切にしているため、クレジットカードの発行を限られた消費者にしか発行しないからです。どちらのカードを利用するにも良いクレジットカード履歴としておけば審査の厳しいクレジットカードでも住宅ローンでも問題なく、審査に通過することが出来る近道となります。

     

     

    お勧めできるカードについて


    ここでクレジットカードの履歴に少し自信がないという方のために、具体的な流通系カードでのオススメを紹介します。それは楽天カードです。

     

    楽天は楽天市場・楽天グループをよく利用する自社利用カードとしてはかなりの高性能を持っています。加盟店の範囲が広くポイントも良く貯まるシステムのため、これにより利用者を増やすことができ、お互いの利点が高い結果となっています。特にガソリン系で全国展開しているENEOSも加盟しているのでガソリン代を節約したい人にもおすすめです。

     

    クレジットカード

     

    その他にもエステ、レストラン、居酒屋、カラオケなど生活するうえで良く利用するお店も加盟しており、ポイントがすごく貯まりやすいという利点があります。また貯まったポイントは楽天加盟店で使用ができるので、使用効率がとても良く経済的です。

     

    その他にも、年会費が無料のクレジットカードであるリクルートカード、コンビニエンスストアで使用できるファミマTカードJMBローソンPontaカードがオススメです。

     

    クレジットカードの審査に通りやすくするためには普段から、借り過ぎないこと、そして最も重要な事は返済が遅れないよう工夫をする努力が必要となります。良いクレジットカード履歴を作ることが出来れば、どのような審査でも通過させられるようになると考えます。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

  • 申込みブラックでも大丈夫?クレジットカードを同時に複数申し込む方法
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    融資

    融資

    融資のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    消費者金融

    消費者金融

    消費者金融のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP